子宮内膜を厚くする2大サプリメント!マカと葉酸って実際どう?

子宮内膜を厚くすることはなぜ大切なの?厚くするのにサプリメントが効果的?

笑顔左

子宮内膜を厚くするために、不妊治療では排卵誘発剤や黄体ホルモン剤などがよく使われていますが、それだけでは不十分な場合もあります

子宮内膜とは、子宮の内側にある細胞の層のことです。

子宮内膜は、月経周期にあわせて厚くなったり、月経によって剥がれ落ち、経血として体外に排出されたりしています。


普段は、このサイクルが繰り返されているのですが、特に、妊娠した場合、子宮内膜はとても大切な役割をはたしています。

受精卵が子宮の内部に入ると、子宮内膜に根をはり奥に潜り込もうとします。これがうまくいけば着床が成立するのですが、子宮内膜の状態が悪いと、着床しにくくなってしまいます


受精卵が着床しやすい子宮内膜は、十分に厚みがあり柔らかく栄養に富んだフカフカのベッドのような状態です。

薄くて硬い子宮内膜では、受精卵が潜り込むのが難しいのはイメージがつきますよね。


子宮内膜を厚くするために、不妊治療では排卵誘発剤や黄体ホルモン剤などがよく使われていますが、それだけでは不十分な場合もあります。そもそも子宮内膜を作っているのは、自分の体の細胞です。薬で対処する以前として、子宮内膜のベースを整えておくことはとても大切です。


そのために必要なことの一つが、子宮内膜に良いとされる栄養成分を十分に摂取することです。

食事で栄養をとるのは基本ですが、普通の食事では摂取するのが難しい成分もありますし、十分な量を摂取できないことも多いです。


妊娠のために良いとされているサプリメントは数多く販売されています。子宮内膜を厚くすることに特化した栄養素をサプリメントで摂取することは、食事だけではとれない栄養を補うことができるのでとても効果的です。


マカは子宮内膜を厚くするのか?妊活に良いといわれるマカについて

いいね

マカでホルモンバランスを整えることで、排卵のための卵胞の成熟や着床に向けた子宮内膜の増殖などがスムーズに行われやすくなるといわれています

妊活のサプリを探していると、とてもよく目にするのが「マカ」です。

マカは、南米アンデスの高地に生息する植物で、アブラナ科の根菜です。古い時代から人々の貴重な栄養源として大切にされてきました。滋養強壮や男性の精力を高めるものとしても知られています。


マカは高地の厳しい環境の中で、土の養分をぐんぐん吸収して育ちます。マカを栽培した土地には、その後の数年は他の植物が実らないと言われるほどです。

では、マカが妊活に良いとされているのはなぜなのでしょうか。マカには様々な効果がありますが、その中でも注目したいのが、女性ホルモンを整えてくれる効果です。


女性の体には、月経周期があり、妊娠や出産に備えてホルモン分泌がダイナミックに変化しています。

しかし、このホルモンバランスが崩れてしまうことによって、ホルモンの分泌が不足したり、うまく切り替えられなかったりと不調が出てきます。それが様々な不妊の原因に繋がっています。


マカはとても栄養が豊富な植物で、特にアミノ酸が18種類も含まれています。

私たちの体を作っているタンパク質はもともとアミノ酸から作られています。新しく細胞を作るのにも、傷ついた細胞を修復するのにも、アミノ酸が必要となります。


アミノ酸の一種であるアルギニンには、ホルモンバランスを整えてくれる効果や血流を促進する効果があります。

ホルモンバランスを整えることで、排卵のための卵胞の成熟や着床に向けた子宮内膜の増殖などがスムーズに行われるようになります。血流を促進することで、血液に富んだ子宮内膜の隅々まで栄養が行き渡るようになります。


また、卵胞の成熟や排卵、着床などに重要な役割を持っている黄体形成ホルモンは、ストレスによって影響を受けやすいホルモンなのですが、マカを飲むことで、この黄体形成ホルモンをストレスから保護する効果が出たという研究もあります。

卵胞が十分に成熟する過程は、子宮内膜を育てるためにも必要なものです。


マカにはアミノ酸だけではなく、各種のビタミンやミネラル、脂肪酸などもたくさん含まれています。

ビタミンやミネラルは体の調子を整え、分泌されたホルモンが円滑に働くようにサポートしてくれます。食事だけでは不足しがちな栄養素を意識して、サプリメントで補うことが大切です。


葉酸は子宮内膜を厚くするのか?食事からでは必要量が摂取できないので必ずサプリを選ぼう

発見

葉酸をサプリか確実に摂取することで赤ちゃんの先天性異常のリスクが72%も軽減されることから、厚生労働省も妊活する人は積極的に飲むように勧告しています。私も葉酸だけは毎日サプリから摂取していました

妊活に良いサプリとして有名なものに「葉酸」があります。葉酸とは、野菜などの植物に含まれる水溶性ビタミンの一種です。


タンパク質や核酸(細胞のDNAやRNAのこと)の合成に働き、新しく細胞が作られる際に欠かせない栄養素です。

葉酸は妊娠中の女性に必要なものとして知られていますが、これは、胎児の神経管閉鎖障害という先天異常を防ぐのに効果があるためです。

神経管閉鎖障害というのは、胎児の脳や脊髄など中枢神経のもととなる神経管がうまく閉鎖されず、神経組織の形成不全や神経障害が出てしまうことです。


異常が神経管の上部にある場合は、脳が形成できず無脳症と呼ばれる状態になり、ほとんどが流産や死産となってしまいます。下部の場合は、二分脊椎症と呼ばれ、生後、排泄障害や運動障害などが起こります。


胎児の神経管が形成されるのは、妊娠4~5週のごく初期のころです。

つまり、妊娠に気づくか気がつかないくらいの時期に、起こっているということです。そのため、妊娠してからではなく、妊娠をしたいと考えている女性は妊娠前から葉酸を摂取しておくべきとされています。


胎児の神経管閉鎖障害の予防以外にも、葉酸には妊活中の女性に嬉しい効果があります。それは、子宮内膜を強化する効果です。


子宮内膜は、卵胞の成長とともにエストロゲン(卵胞ホルモン)の作用で増殖が始まります。

排卵後にはプロゲステロン(黄体ホルモン)の作用で、充血し柔らかな状態に整えられ、受精卵の到着に備えます。卵胞がしっかりと成長することは良い子宮内膜が作られることに繋がります。


排卵後は妊娠維持に必要なプロゲステロン(黄体ホルモン)の働きを助けます。葉酸はこれらのホルモンの働きをサポートすることで、子宮内膜を厚く着床しやすい状態にしてくれる効果があります。


また血流を促進させる効果もあります。血流が良くなることで、子宮内膜の細胞の増殖が促され、栄養の行き届いた内膜になっていきます。

着床後は、細胞の核酸の合成に働くことで、受精卵の正常な細胞分裂・成長に関わります。


厚生労働省によると、妊娠を希望している女性の葉酸の1日の摂取量は400μg(0.4mg)、妊娠中の場合440μg(0.44mg)が望ましいとされています。


葉酸はほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれています。

例えば、400μgの葉酸をほうれん草で取ろうとすると、約200g、1把分に相当します。


葉酸は、水溶性ビタミンなので、水や熱に弱く、調理の際に壊れてしまうことも多く、食事だけでは不足しがちな栄養素です。

そのため、食事で不足する分は、サプリメントで補ってあげるのが効率的です。



子宮内膜が薄くて着床しにくかった私が一番重要視した葉酸

笑顔前

子宮内膜が薄い私でも厚くすることで妊娠できました!

多くの不妊治療の専門医達も子宮内膜を厚くするのに葉酸は重要だと言っていて、葉酸サプリを飲めば赤ちゃんの先天性異常のリスクが72%も軽減されることから、厚生労働省も妊活する人は積極的に飲むように勧告しているという事実、ご存知ですか?

元気で健康な赤ちゃんに出会えたいま、振り返ってみて葉酸サプリを飲んでおいて本当に良かったと感じています。


葉酸は子宮内膜の強化や受精卵を作って守るという子宮内環境を良くする効果があります。葉酸は、不妊治療中の女性のみでなく、男性にも飲んで頂きたいサプリメントです。葉酸が不足していると精子の染色体に異常が起こる確率が高くなると言われています。

参考元:体外受精・顕微授精の不妊治療専門 とくおかレディースクリニック

葉酸は妊娠を考えはじめた時から服用しましょう。

参考元:浅田レディース名古屋駅前クリニック


葉酸は水に溶けやすく食事からでは吸収されにくのが弱点で、科学的に先天性異常の発症率を70%以上も低減が実証されているのは、食事ではなくサプリからのみ。だから、葉酸サプリを摂取するように国も強く勧告しているんです。


諸外国でも日本においても神経管閉鎖障害のリスク低減の観点からは、食事からの葉酸に加えて栄養補助食品からの葉酸を摂取するよう勧告されています。

引用元:葉酸とサプリメント ‐神経管閉鎖障害のリスク低減に対する効果(厚生労働省運営のe-ヘルスネットより)

食品からの葉酸摂取に加えて、いわゆる栄養補助食品から1日0.4mgの葉酸を摂取すれば、神経管閉鎖障害の発症リスクが集団としてみた場合に低減が期待できる

引用元:神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について(厚生労働省)

ダメ

妊娠しやすくするためには子宮内膜をふかふかにする必要があります。そのために必要な栄養素に葉酸がポイントといわれていますが、実は葉酸サプリなら何でもいいわけじゃなくて、妊活中に最適な葉酸サプリを選ぶことが大切なんです。


安心して飲めるサプリならいいですが、もしも適当に選んで飲んでいたサプリが無駄な添加物がギトギト、妊活中に必要な葉酸量が入っていない、製造工程がやばすぎる、とかだったら引きますよね、、、


特にコンビニとかで誰でも買える葉酸サプリは、妊活中は飲んでも無駄になるケースもあるので、葉酸サプリの選び方をしっかり知ることはとても重要です。

私も最初なんでもいいのかと思って、コンビニの安いやつを飲んでいたら全く意味がなくてがっくり。そこから真剣に葉酸について勉強してからは、何も知らなかった過去の私を本気で叱りたくなりました。


このときの経験を元に、葉酸サプリの選び方を分かりやすくまとめましたので、まだ飲んでいない人、飲んでいたけど適当に選んでいたかも、という人は参考になさって下さい。


子宮内膜が薄い私が妊娠できたときに大切にしていた葉酸サプリの選び方を公開しています。

>>安心できる葉酸サプリの選び方はこちらをクリック<<